2009年02月22日

SEOは外部リンクが一番

相変わらず、SEO対策の決定的要因は

「外部リンク」と「内部リンク」

昔から相も変わらずである。

しょうもないサイトが何故Yahooやgoogleで自分のサイトより上がっているwikiをはっつけたようなサイトを分析してみたら、外部リンクのすごいことすごいこと。

気になるサイトは 検索窓に link:+URL で調べてみよう。

yahooとgoogleでは検索の基準が違うので気をつけてみてください。

結局は同レベルなんだけど、表示数が全然違うから。
posted by seoseo at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | SEOの基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

SEOには絶大的なYahooのビジネスエクスプレス!

いまの検索エンジンにおいては、多くのページからリンクされていたり
検索エンジンの評価が高いサイトやGoogleランクの高いサイトからリンクされているページが検索結果の上位に表示される。

其の考え方からも日本でトップレベルの人気と評価をあわせもつYahoo!JAPANのカテゴリに登録すれば、SEOに絶大的な効果をあげる。

でも、どんなカテゴリーにとりあえず入れば言い訳ではなく、キーワードがマッチしたものが特に絶大的な効果をあげることができる。

なので、登録料の52,500円を払うことで、大きなリンクをもらえると思えば、安い買い物だと思う。
posted by seoseo at 22:43| Comment(1) | TrackBack(0) | SEOの基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

正しいキーワードの指定方法

せっかく検索対策に、お目当てのキーワードを沢山ページに使ったとしても、その使い方を誤れば思うようなSEO効果を得ることができません。

検索エンジンがそのページの中で「最も大切だと判断する言葉やフレーズ」がSEOでいうキーワードです。
あなたが選んだキーワードを検索エンジンにもキーワードとして認識してもらうために正しい指定方法を覚えましょう

リンクテキスト

SEO対策の基本要素として、「リンク」、いうのは絶対はずせない要素の一つです。外部のサイトからリンクをしてもらうのも大変重要ですが、「自分のサイトの中のページ同士をリンクしあう」それも画像ではなく「テキスト」でリンクすると大変有効です。この場合よくやってしまいがちなのは

例:詳しくはこちら

いうようなリンクです。これですと「こちら」という言葉がリンクの対象ですね。これを

例:SEO対策

にすれば「SEO対策」というキーワードフレーズがリンク対象になってSEO効果が上がるわけです。リンクの際、対象となるキーワードを工夫しましょう。

alt 属性テキスト

いくらテキスト中心のサイト、といってもタイトルロゴや写真、図など、画像の要素はホームページには必ず必要ですよね。ただし画像はテキスト情報がありませんので検索エンジンのクローラーが「読み上げ
る」ことができませんのでSEO的に不利な要素になってしまいます。
これは視覚に障害をお持ちの方などがWEBサイトを閲覧するときにも妨げになってしまいますので、かならず画像には「説明文」になる「alt属性」を付け加えましょう。
posted by seoseo at 22:35| Comment(0) | TrackBack(1) | SEOの基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。