2008年10月07日

正しいキーワードの指定方法

せっかく検索対策に、お目当てのキーワードを沢山ページに使ったとしても、その使い方を誤れば思うようなSEO効果を得ることができません。

検索エンジンがそのページの中で「最も大切だと判断する言葉やフレーズ」がSEOでいうキーワードです。
あなたが選んだキーワードを検索エンジンにもキーワードとして認識してもらうために正しい指定方法を覚えましょう

リンクテキスト

SEO対策の基本要素として、「リンク」、いうのは絶対はずせない要素の一つです。外部のサイトからリンクをしてもらうのも大変重要ですが、「自分のサイトの中のページ同士をリンクしあう」それも画像ではなく「テキスト」でリンクすると大変有効です。この場合よくやってしまいがちなのは

例:詳しくはこちら

いうようなリンクです。これですと「こちら」という言葉がリンクの対象ですね。これを

例:SEO対策

にすれば「SEO対策」というキーワードフレーズがリンク対象になってSEO効果が上がるわけです。リンクの際、対象となるキーワードを工夫しましょう。

alt 属性テキスト

いくらテキスト中心のサイト、といってもタイトルロゴや写真、図など、画像の要素はホームページには必ず必要ですよね。ただし画像はテキスト情報がありませんので検索エンジンのクローラーが「読み上げ
る」ことができませんのでSEO的に不利な要素になってしまいます。
これは視覚に障害をお持ちの方などがWEBサイトを閲覧するときにも妨げになってしまいますので、かならず画像には「説明文」になる「alt属性」を付け加えましょう。
posted by seoseo at 22:35| Comment(0) | TrackBack(1) | SEOの基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ドッピューーーーン♪
Excerpt: 口コミ板で見たサイトで会った女の子・・・カワイイ薄ピンクの地区Bなうえに アソコも濡れ濡れww 俺のティンコ血管破裂しそうなくらいオッキしたわw バイ部でクリとリス刺激したらドッピューーーって大噴射し..
Weblog: ひゃん
Tracked: 2008-10-11 21:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。